マクロ用フォルダの設定

 

マクロ用フォルダとは、秀丸マクロのファイルを管理する為の専用フォルダです。これを設定しておくと何かと便利ですので設定しておくことを推奨します。

 

(1) まず秀丸エディタを起動します。

 

(2) メニューの[その他(O)][動作環境(E)...]を選択します(下図赤枠参照)。

 

『動作環境』ダイアログが表示されます。

 

(3)『動作環境』ダイアログ左側の『設定の対象(L)』から『環境』赤枠部分を選択する。

 

 

(4) 『動作環境』ダイアログ右側『マクロファイル用のフォルダ(M):』フィールド右側の

 [参照(B)...]ボタン(青枠部分)をクリックする。

 

 

(5) 『フォルダの参照』ダイアログで、任意の場所にマクロ用フォルダを作成します。

例として、Cドライブの直下(c:\)に「秀丸マクロ」というフォルダを作成して、

これをマクロ用フォルダとして設定します。

 

まず、下図に示すように『ローカルディスク(C:)』を選択して

[新しいフォルダの作成(N)]をクリックします。

 

 

(6)  新しいフォルダが作成されるので、任意のフォルダ名を付ける。

フォルダ名に特に制限は無いですが、わかりやすいものがいいです(例:秀丸マクロ)

(7) この状態で、[OK]ボタンをクリックします。

 

 

 

(8) 下図のように設定したマクロ用フォルダのパスが入力されていることを確認して、

[OK]ボタンをクリックします(重要:必ず[OK]ボタンでダイアログを閉じてください)。

以上で、マクロ用フォルダの設定が完了します。

 

上の例ではマクロ用フォルダをCドライブ直下に作りました(C:\秀丸マクロ)が、例えば、GoogleDriveDropBoxのフォルダにマクロ用フォルダを作成すれば、複数のパソコンで同じマクロ用フォルダを参照することが可能になります。

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です