マクロファイルを個別に指定して実行する

 

実行したいマクロファイルを選択して実行する手順です。

 

例として以下のマクロファイルを実行します。このマクロファイルは「Hello World」というメッセージボックスを表示させるマクロです。

 

 

まずマクロファイルを、マクロ用フォルダに移します。

この作業は必須ではありませんが、繰り返し使用するマクロはこのフォルダに入れておくことをおすすめします。

 

 

任意の秀丸ファイルを開きます。メニューの[マクロ(M)]-[マクロ実行(x)...]を選択します。

 

「マクロ実行」ダイアログが開きます。赤色下線で示すように、マクロ用フォルダの直下にあるマクロファイルがリストで表示されます。

 

 

実行したいマクロファイルを選択して、[OK]をクリックします。

 

 

マクロが実行されました。

 

上でも説明しましたが、使用頻度にかかわらず、繰り返し使うマクロはマクロフォルダに入れておくと便利です。

 

しかし、入手したマクロを試しに一度実行してみたい時などは、マクロフォルダにマクロファイルを格納する必要はありません。

 

以下のように、「マクロ実行」ダイアログの[参照(B)...]をクリックしてマクロファイルを選択して実行することも可能です。

↓↓マクロファイルを選択↓↓

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です